共に楽園を創ろう!

何気ない光景なんだけど

4月29日のイベント「流しそうめん&筏づくり」終了後、静岡に戻ってきました。

みんな、そうめんを待っている模様。

室田さん佐藤さんと作った竹炭でBBQ~、個人的には今度七輪で干物を・・・(・∀・)ニヤニヤ

充実した1日を送ることができました!

 

6月中旬には、静岡のアパート引き払ってビヨンドの古民家で住みながら活動に専念します!大学は?とよく聞かれるんですが、授業がゼミだけで卒論しかないし、しかもゼミの先生は「やりたいことあるなら、そっち優先してくれていいよ」と生徒のやりたいこと、自由を確保してくださる先生なんで、お言葉に甘えてます。笑

 

それで話はですね、最近あった光景を見て感じたことをシェアしたいなと思います。

 

つい最近、買い物に行こうと思って家出て道路歩いてたんですね、お昼くらい。

前に1台のトラックが端に止まってて、それは宅急便のトラックだった。

その運ちゃんがコンビニ弁当食べてたんです・・・

 

その姿見て、寂しくなった。お昼くらい車じゃなくて会社で食べようよ…って。この光景、全然珍しくないと思うんです。その運ちゃんにとっては、普通かもしれないし全然寂しくないかもしれない。「仕事だから仕方ない」って思えるかもしれない。でも、これが毎日当たり前です。っていうなら、悲しい。テレビのCMとかでは、生き生きはきはきした運ちゃんが荷物届けてくれてるけど、「ひとりでトラックの中でコンビニ弁当食べてます」っていう姿見ちゃうと、あのCMは美化されている気がする。実際の姿が隠されているような。

でもそうやって、お昼でもお勤めしてくださる人がいるから、日本社会は廻ってるわけで、日本全国に荷物が届くわけで、感謝の気持ちを改めて持てた。でもどこかまだ納得できない。

 

このわたしの考えはただの個人的な意見に過ぎないですけど。

働くってなんなんでしょうね。ただ生きてるだけじゃいけないんですかね。

ボケーっと、海で黄昏る・・・(これは和歌山です)

 

最近、哲学的な思考になってきた・・・汗

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *